一人で悩んでいませんか?まずはお気軽にご相談下さい

弁護士紹介Introduce

585406_1

 

当事務所の7代目所長の梶本貴之と申します。

紋別ひまわり基金法律事務所は、2001年4月に北海道で初めて開設された公設事務所です。
公設事務所とは、弁護士過疎対策の一環として、日本弁護士連合会などが関与して設立された法律事務所のことです。
これまで、初代所長松本三加弁護士、2代目所長 亀井真紀弁護士、3代目所長 大窪和久弁護士、4代目所長 大島未緒弁護士、5代目所長 原田宏一弁護士、6代目所長 田村秀樹弁護士の各弁護士が、遠紋地域の皆様の法的紛争の解決に努めてまいりました。

平成30年8月より、私が7代目所長に就任いたしました。
今後も引き続き、遠紋地域の皆様が気軽にご相談できる事務所作り、ご依頼者様・ご相談者様の満足のいく法的サービスの提供に努めてまいります。

〇経歴

出身は大阪府です。

弁護士になることを志し,北海道大学の大学院に入学してから北海道にやってきました。

司法試験合格後は,札幌にある弁護士法人すずらん基金法律事務所で勤務していました。

 平成30年8月から,紋別ひまわり基金法律事務所で勤務しています。

 

〇現在の活動など

・旭川弁護士会

 消費者保護委員会、高齢者障がい者権利委員会、地域司法対策委員会、子どもの権利擁護委員会

 ・ホワイトペッパー(遠紋地域のフリーペーパー)にコラム「リーガル通信」掲載中

 雄武町広報(広報おうむ)にコラム「なるほど!くらしの法律相談」掲載中